忍者ブログ
非定期更新の折り紙ブログ
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
渡辺大さんの羊


シンプルな作品
それであっても工程の面白さがある



PR
今年もコンベンションにやってきた
第20回記念折紙探偵団国際コンベンション


最初はホアン・ティン・クエットさんのスコッチテリア

立たせるのが難しい

何年か前に受けたキツネの講習を思い出した







作者:小松英夫、うさぎ

小松英夫作品集でのバージョンのうさぎ。
もとの作品は、2000年に発表された。

随所に細かな変更が施されており、
完成度が大きく上がった印象がある。

作品集でのバージョンは初めて折ってみた。

これも、同じく、かの人に捧ぐ。


作者:Robert J.Lang,Rabbit

をるの1号に写真掲載されたラング氏のうさぎ。 

当時のわたしには、ラング氏の折り図を手に入れるのは困難で、
記憶が確かなら、初めて折ったラング氏の作品がこれだ。

をる別冊折り図集vol.1に掲載されている。

ラング氏の「非常にシンプルな作品」というコメントの割に、
通常とは違う工程があり、当時のわたしには新鮮に感じられた。

久しぶりに折ったこの作品は、卯年生まれのかの人に捧ぐ。





作者:小松英夫、大きな帽子のサンタ(仮題)

昨年末に展開図折りして、親戚の子供にあげたのだが、
カメラのメモリに写真が残っていた。

小松さんのサンタといえば、立体作品が有名。
これもまた小松風。

最近は複雑怪奇だけの作品に興味はなく、
シンプルな作品が好きなんだけど、
シンプルならではの「難しさ」を感じさせる。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
コウ(KOH)
性別:
非公開
自己紹介:
折紙愛好家の一人。

特に断りのない限りにおいて、
作品を折ったのも写真を撮ったのも私です。

原作者の方などで、不都合のある場合、
コメントいただければ修正いたします。
最新コメント
[04/12 KOH]
[01/08 ジュゲム]
[08/27 KOH]
[08/13 阿部 健二]
[12/18 KOH]
最新トラックバック
(10/03)
(01/05)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(08/19)
(08/20)
(08/21)
(08/22)
(08/23)
カウンター
アクセス解析