忍者ブログ
非定期更新の折り紙ブログ
[180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170]
佐々木禎子さんの遺品の折り鶴が9月、ハワイの真珠湾国立公園に寄贈されるそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120619-00000047-mai-soci

記録のため、毎日新聞から、全文を引用。

<禎子の折り鶴>平和願い真珠湾へ…「原爆の子の像」モデル

広島市の平和記念公園にある「原爆の子の像」のモデルで、12歳で亡くなった佐々木禎子(さだこ)さんの遺品の折り鶴が9月、真珠湾攻撃を受けた米・ハワイの真珠湾国立公園に寄贈される。同公園のビジターセンターで展示する予定で、米側は「和解や将来の平和を考える一つのテーマになる」と歓迎しているという。【吉川雄策】

 禎子さんは2歳の時に被爆。小学校卒業前に白血病にかかり、回復を願って薬の包み紙などで千羽鶴を折ったが、12歳で亡くなった。

 寄贈のきっかけは昨年5月、米・ニューヨークの同時多発テロがあった世界貿易センタービル跡地近くにある追悼施設「トリビュート・センター」に禎子さんの折り鶴を展示するスペースが設けられたこと。禎子さんのおい祐滋(ゆうじ)さん(42)=東京都=と禎子さんの兄雅弘さん(70)=福岡県那珂川町=がセンターを訪問した。

 その際、原爆投下を命じたトルーマン米大統領(当時)の孫クリフトン・トルーマン・ダニエルさん(55)と対談。「過去を見るより、未来に悲惨な戦争を起こさないために、できることをやろう」と意気投合した。

 禎子さんの折り鶴を真珠湾に寄贈してはどうか、と祐滋さんが提案し、ダニエルさんが賛同。今回の寄贈に結びついたという。

 祐滋さんは「私たちの世代が日米の心の垣根を崩し、平和な未来を残すことができれば」と話している。

 折り鶴の展示用ケース(約140万円)は日米で募金を集めて作るという。日本側の窓口は、祐滋さんが副理事長を務めるNPO法人「サダコレガシー」。寄付は、三菱東京UFJ銀行中野駅前支店、普通口座0070183、「(特非)サダコレガシー」。【吉川雄策】

PR

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
コウ(KOH)
性別:
非公開
自己紹介:
折紙愛好家の一人。

特に断りのない限りにおいて、
作品を折ったのも写真を撮ったのも私です。

原作者の方などで、不都合のある場合、
コメントいただければ修正いたします。
最新コメント
[04/12 KOH]
[01/08 ジュゲム]
[08/27 KOH]
[08/13 阿部 健二]
[12/18 KOH]
最新トラックバック
(10/03)
(01/05)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(08/19)
(08/20)
(08/21)
(08/22)
(08/23)
カウンター
アクセス解析