忍者ブログ
非定期更新の折り紙ブログ
[150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140]
小鳥2

小鳥1

小鳥3

作者:神谷哲史、小鳥

何年か前のコンベンションで初めて展示された時、
ご本人から、「目玉」で「ほぼ完全立体作品」であるという
そんな解説をしていただいた。

昨今、背割れだ腹割れだという議論があったけど、
伝統の風船のような、内割れともいうべき作品。

作例は、OKゴールデンリバー。
紙が一枚で薄くなるところには、内側からセロハンテープで補強してある。

ちょうど足だけで、立ってくれる。

手乗り文鳥くらいの大きさでかなりかわいい。
PR

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード



トラックバック:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
コウ(KOH)
性別:
非公開
自己紹介:
折紙愛好家の一人。

特に断りのない限りにおいて、
作品を折ったのも写真を撮ったのも私です。

原作者の方などで、不都合のある場合、
コメントいただければ修正いたします。
最新コメント
[04/12 KOH]
[01/08 ジュゲム]
[08/27 KOH]
[08/13 阿部 健二]
[12/18 KOH]
最新トラックバック
(10/03)
(01/05)
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(08/19)
(08/20)
(08/21)
(08/22)
(08/23)
カウンター
アクセス解析